読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京本大我さん 舞台「スーベニア~騒音の歌姫~」

2/19から始まった舞台「スーベニア~騒音の歌姫~」の初日を見に行ってきました。
何でこの舞台を見に行ったかというとJr.の京本大我さんの名前があったので。


いや、すみませんが大我さんのファンではないです。伊野尾さん以外の方のジャニーズの方がでる舞台を見に行きたかっただけです。

大我さんはきょもたんと呼ばれているようなのですが、お父様が頭に浮かんでしまうので大我さんとわたしはいいたい。完全に余談だけど

お父様が大好きです。

美形ですよね。刀振り回している姿とか本当に美しいですよね。

渋谷BUNNKAMURAシアターコクーンにて開演となった舞台「スーベニア~騒音の歌姫~」主人公の三田佳子さんの相手役というとても重要な役を演じる大我さん。

鑑賞前は「ジャニーズの人がでる舞台ってうちわ持っているひといたりするのかしら??いやさすがにいないよね??とか全然舞台と関係ないことをふわっと思いながらざっとあらすじだけチェック」というものすごく失礼な程度の知識しか持たずに鑑賞。(ストーリーとしてはとても有名な舞台のようなのですが、あまり舞台には詳しくないので、ストーリーすらちゃんと知らず)

幕が開き、

ゲストアクターは相川七瀬さん恋心を歌っていただけました

「恋心」はちょうど発売された時期に思いっきり聞いていたので聞けてよかった~。すごくお得な気分でみてました。周りもおとなしく聞いているしノっちゃいけないのかなと遠慮しながら心の中で興奮してみてました。

まずここで大反省

そ・・・、双眼鏡がほしい・・・


次回は舞台だろうとなんだろうと双眼鏡を持って行くことを心に決めました。*1


さてさてストーリーテラーの方のガイドにより舞台が始まり・・・


ストーリーの感想は一言だけ、「最後のアリアは三田佳子さんがちゃんと歌ったバージョンなのか騒音の歌姫バージョンなのか、ジェンキンスさんのアリアを聞き過ぎて最終的によくわかんなくなっちゃいました。」見てない人からしたら全然わからないし、ネタバレにすらならない感想ですね。すみません。


ストーリーについてはおいておいて、始まってすぐ、オレノグラフティさんと菊地美香さんが歌いだして歌が本気な舞台だということを実感しました。一番インパクトがあったのが菊地美香さんの歌声。最初の曲でこの方が舞台系の方、それもミュージカル系の声の使い方がベースの人なんだなと私は思いました。(題材がオペラなので当然ですよね。すみません)

私は大我くんを今のところ「ジャズ系のダンスを踊るポップスの歌い手」ベースの人だと思っているので、こんな本気の舞台系の人とガチの舞台をしたら負けてしまわないだろうかと菊地美香さんの歌いだしの一瞬で心配になってしまいました。


ところがところが、私のよけいな心配をよそに、大我さんは重要なキャスティングをされただけあってちゃんと渡り合ってました。

普段はポップスの歌い方なんだろうから舞台の為に舞台用ののどの使い方を一生懸命勉強したんだろうなぁ。そんなすぐにできることではないからこの舞台がキャスティングされるまでには長い下積みがあるんだよね。と知らないけど今までが想像できてしまうくらいちゃんと舞台向けの声で歌ってました。

それだけでも十分すごいなぁとまず思い(なぜか勝手に安心し)舞台を楽しむことができました。


この日舞台自体と同じくらい楽しみにしていたのは大我さんがどんな演技をするんだろう??ということ。(演じている姿をちゃんとみたのはこれが初めてです。)

演じたデュークは登場人物の中で年若い世間知らずのちょっと頼りなさげなかわいらしいイメージの役。
普段のご本人がどんな人かちゃんとは知らないのですが、SixTONESのパフォーマンスとかをみているとかっこいいきりっとした姿を見かける機会があったので、そんなイメージでもってくるのかとおもいきや真逆。

年がとても離れた年上の女性を慕い、あこがれる若い男の子という役をコミカルでかわいい純真な感じですごくわかりやすく演じてました。人数が少ないこともあったのですが、それぞれの演者さんがキャラをしっかり出していることで他の方ととくっきり対比されて物語がわかりやすかったです。

あとは大我さんが髪型とかで全然雰囲気を変えられるっていうのもびっくりです。茶色のふわふわな髪型のイメージだったのですが、舞台設定の時代にあわせてぴっちりの横わけをしたところ全然イメージが変わっていました。


パンフレットとかみて本気で王子様かと思ったのは私だけではないはず。


この舞台では時の経過と登場人物の地位の変化を見せるための道具として洋服が使用されていたのですが、洋服が変わるのにあわせて大我さんの姿勢が変わっていって舞台の中での時の流れと地位の変化がくっきりわかるのがおもしろかったです。


大我さんはカメレオン系の俳優さんになれそうですね。なにを演じても「大我さん」になってしまうことなく、役によって全然違う人を演じそうな気がしました。

髪型とか衣装で全然別人になれるし、(演技もたくさんはみたことないので予想になってしまうけど)きっと与えられた役によって完全に変えられるんだろうなぁと思いました。

舞台系の俳優さんになるかテレビ系の俳優さんになるか。これからがとても楽しみです。


*1:まずは買わないと