読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクとグレー

裕翔ファンではないけど、原作を読んでいたこともあって、初日にみてきた。

ネタバレになるのもなんだし、内容について思うことはそれぞれなので、もはや俳優:中島裕翔についてになってしまいそうだけど、書いてみる。

とりあえず内容はまずおもしろかったよ。みた後ピンクとグレーを読み返そうと思ったし。

脳内の世界を文字化できる人にはすごくあこがれるんだけど、今回は文字を映像にする才能がある人って本当にすごいなぁと思う。
原作本の映画化を嫌う人は多いけど、私は結構好き。本で読んでた文章が映像作品になることを「こんな映像になるんだー」って純粋に思える。たまに「違うんだー」ってなることもあるけどそれでも、映像化された時点で原作本とは別の作品だと思っているので、原作と違うように見えてもそれはそれで楽しいと思う派だ。


裕翔の役は62分の衝撃の前後で、「ストイックな成功者」と「なんとなくぐずぐずしちゃうだめ人間」を一つの作品のなかで演じわけないといけないって言うとても難しい役だったんだろうと思う。ちゃんと演じ分けられていたら逆に全体のストーリーが成立しなくなるからあれはあれでよかったのかな。
それでもやっぱり演技っていう意味だと菅田ちゃんに食われてしまっていた。菅田ちゃんだけじゃなく周りの俳優さん達に食われてしまっていた。裕翔がどうこうじゃなくって、周りの俳優さんがやっぱりとても「俳優さん」なんだなと思った。(途中まで菅田ちゃんを主役っぽくとっていたのもあるけど。それはそれで62分の衝撃の前後を考えると、裕翔の役が主役っていう意味だとあっているので意図的だったんだろう。)

わたしがそうであったように裕翔も「若手俳優さんかとおもったー」と言われるほどの演技力はあるんだろうし、今回の監督にも演技力を評価されている。それでもそもそもアイドル:中島裕翔という虚構の個人を作り上げることを生業としている人が俳優という個人を消して要求された人格になることを要求され続けてきた人にそうやすやすと勝負できるわけがないのかもしれない。
「NEWS加藤シゲアキ原作」なのでジャニーズ以外での主演はなかったんだろうとか、あの小説からするとかわいい系の人は使いづらいので正当派イケメンができるって意味だと裕翔が適役なんだろうとかいろいろと想像はついてしまうけど、その想像を加味しても初主演であれだけ演じられてたってすごいんだろうね。
Hey!Say!JUMPのメンバーっていう枠組みに照らし合わせるとそこまでやって大丈夫なの?って思ってしまうくらいの場面もあったし、そういう意味でもすごく力が入っていいたんだろうなぁ。そして「ジャニーズって足かせはめず役者をやろうとしている」的な決意にも見えてしまうくらい頑張ったんだろうなぁってゆうのがわかる作品だった。

育ちの良さがどうしても透けて見えてしまうから今までの役で演じることが多かった「熱血好青年」とか「残念イケメン」っていうポジションは素の裕翔ととても近しく、つまりいままで好評だった役柄って言うのは役を演じるっていうよりも本人自身と近しいところだったように見える。

ジャニーズが演じる時って演技自体のうまさと関係なく、誰を演じてもキムタクじゃんって本人が後ろに見えちゃう人と、本当にカメレオンになれる人といると思っているけど、裕翔には是非カメレオンになってほしいなぁ。小泉孝太郎さんとかも育ちの良さが透けて見えるイケメン枠だけど、最近カメレオンだし、もって生まれたすばらしいもの達は決して不利にはならないはず。

ピンクとグレー自体も新年に公開する映画としてはとてもすてきなメッセージ性を持っていたのでたくさんの人にみてほしい。

このメッセージだけだとネタバレにはならないと思いたいし、裕翔もこの言葉は番宣で使っていたので、このメッセージだけ書いておこう。

「やれることは全部やるの。やりたいことじゃなく。私はそうする」